MT4/MovableType用 携帯電話向け変換プログラム

概要

 MovableTypeは、dh's memorandaにて公開されているJapanese Language Packや、Milano::Monologにて公開されている日本語化パッチを適用することにより、日本語化が可能です。ただし、これらを適用する為にはサイトの文字コードをUTF-8あるいはEUC-JPにする必要があります。*1

 UTF-8やEUC-JPに対応したWebブラウザーやツールなども増えてきましたが、まだまだShift_JISのみサポートというケースも少なくありません。特に、i-modeなどの携帯電話用Webブラウザーの多くがShift_JISのみのサポートに留まっています。日本では最も普及していると思われる、しかも至極手軽にネットへ接続できる環境があるというのに、そこからは自分のサイトが文字化けして見ることができないわけです。

 そこで開発したのがMT4iです。MT4iは、(MovableTypeのAPIを利用して)MovableTypeのデータベースからデータを直接読み込み、文字コードをShift_JISに変換、携帯電話向けにレイアウトして出力します。言語はPerlです。

 そもそも自分のサイト向けに作成したものなので、まだまだ機能は少ないですし、Perlその他に関しては素人同然なのですが、何とか頑張って今後も継続的に機能追加・リリースしていこうと思っていますので、よろしくお願い致します。

※「MT4i」は、「MovableType for i-mode」の略です。が、i-modeに限らずVodafoneやEZwebなどの携帯電話各キャリア、PDAなどの携帯情報端末においても表示できるよう、出来得る範囲で配慮しております。

表示サンプル

 ※開発中の為、ここで配布しているものとバージョン・機能が異なる場合があります。

最新バージョン

パッケージ内容

 上記リンクよりダウンロードしたファイルを解凍すると、以下のファイルができます。

旧バージョン

前提条件

動作確認

 MT4iは、OSにFreeBSD、WebサーバにApache、Perl 5.8、BerkleyDB or MySQL、文字コードEUC-JP or UTF-8、Jcode.pmインストール済みという環境でのみ動作確認を行っています。これは、作者がここまでの環境しか用意できない為です。

 よって、上記以外の環境で動作するとうたっていても、正常に動作しない可能性があります。予めご了承下さい。

 上記以外の環境をお持ちの方、動作確認して頂き、結果をご報告頂けると助かります。勝手なお願いですが、宜しくお願いいたします。

主な機能

設置に関して

  1. 上記リンクよりダウンロードし解凍した「mt4i.cgi」を編集します(「mt4i.cgi」は文字コードEUC-JP、改行コードLFで保存されています。これらを扱えるエディタで編集し、文字コード及び改行コードを絶対に変更しないで下さい)。
  2. 一行目のPerlへのパスを、貴方の環境に合わせて書き換えてください。
  3. 「設定開始」から「設定終了」までの値を、貴方の環境に合わせて書き換えてください。
  4. 「MTホームディレクトリ」とは、MovableTypeのCGIを設置したディレクトリ(mt.cgiが有るディレクトリ)のことです。このファイル(MT4i本体)からの相対パス、または絶対パスにて指定してください。
  5. 編集後保存し、貴方のサーバーのCGIが実行可能な場所にアップロードします。
  6. 編集・保存・アップロードの際、ファイルの文字コードは必ずEUC-JPのまま、他の文字コードに変換しないよう気をつけてください。他の文字コードに変換してしまうと、動かした時に文字化け等が発生する原因となります。
  7. パーミッションは「705」が推奨値です。これで動かない場合、「755」で動いたという報告もあります。サーバーの仕様によって異なると思いますので、適宜変更して下さい。
  8. 文字コードUTF-8で運用している場合、Perlモジュール「Jcode.pm」が必須です。その他のコードで「Jcode.pm」がインストールされていない場合、「jcode.pl」を同一階層内に置く必要があります。「Jcode.pm」がインストールされていれば「jcode.pl」は必要ありませんのでご注意を。「jcode.pl」の最新バージョンは、以下のサイトよりダウンロードできます。  jcode.pl official page
  9. アップロードした「mt4i.cgi」のURLに(設定にて$blog_idをしていない場合は「?id=貴方のblogのblog ID」を付加して)アクセスしてください。
  10. 最新記事一覧が表示されれば設置完了です。

※「blog IDって何?」という方へ  「mt4i.cgi」一行目のPerlパスだけをご自分の環境に合わせて変更し、MovableTypeホームディレクトリ(mt.cfgがある場所です)へアップロード後、パーミッションを「705」へ変更、ブラウザからアクセスしてみてください。

FAQ

MT4i Mailing Listのご紹介

 MT4i開発者及びユーザーの情報交換の場として、メーリングリストを用意しました。以下のフォームより入会頂けます。  新バージョンリリースのアナウンスはこちらにも流すようにしますので、入会して頂けばいちいちtalk to oneself 2をチェックしていただく必要はなくなります。また、改変版を公開されている方はそのリリース情報、ユーザーの方にはバグ報告や設置方法の質問などにご活用ください。  フリーのメーリングリストサービスを使用している為、メールには広告等が含まれます。予めご承知おきください。

今後追加したいと思っている機能(順不同)

 できるのかどうか、技術的な検証は何も無しで、思いつきだけで書いています。このうちどれだけ実装できるのやら。

既知の不具合

不具合報告等

 不具合報告ほか、ご意見ご要望等は上記MT4i Mailing Listか、下記関連記事にコメントとして投稿して下さい。

当サイト内関連記事

このプログラムのライセンスについて

 このプログラムは「GPL」に従って配布します。

 フリーウェアです。  「GPL」の詳細は上記リンク先を読んでください。大まかな内容は以下などを参照してください。

 特に上記「今後追加したいと思っている機能」に関する改変は大歓迎です。

改変版を公開してくださっている方々

リンク集

 「Konpeki Blog」のTsukihitoさんが、MT4i設置サイトの自動登録リンク集を公開されています。  設置された方は、是非登録して下さい。

リンクなど

 手抜きではありますが、以下のようなボタンを作成しましたのでご利用ください。  必ず一度ローカルに保存、ご自分のサイトにアップロードして使用して下さいね。  このページへのリンクに使用して頂いても結構ですし、ご自分が設置されているMT4iへのリンクでも結構ですし、ご自由にお使いください。  もちろん、リンク無しで単に貼るだけでも、ご自分で新たに作られても、一向に構いません。

 また、有志の方より以下のバナーをご提供いただいております。配布を快く承諾してくださり、ありがとうございました。

更新履歴


*1 MT2.661以前の話。3.0日本語版以降はShift_JISも使用できます。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS