バージョン 3.0 より搭載されたテンプレート機能にて使用できるタグの解説です。多分一生整備中です。

MT4i のテンプレートは、単純に HTML::Template モジュールの機能をで実現されています。また、ここに記述はなくとも、HTML::Template の機能は基本的にすべて使用できます。

ここでは、タグというよりも HTML::Template で使用されるパラメーターを記述しています。例えば BLOG_TITLE の場合は、

<TMPL_VAR NAME"BLOG_TITLE">

のようにして使います。使い方は HTML::Template モジュールの使用方法そのままですので、申し訳ございませんがそちらの方の資料を参考にしてください。キーワード「HTML::Template」でググればいくらでも出てきます。

ブログリストページ(blog_list.tmpl)

MT4i Manager にて Blog ID を指定していない場合に表示される、ブログの一覧ページ。

  • BLOGS
    LOOP。
    • BLOG_ID
      ブログID。
    • BLOG_NAME
      ブログの名前。
    • BLOG_URL
      ブログの URL。
    • BLOG_DESCRIPTION
      ブログの説明。

インデックスページ(index.tmpl)

  • BLOG_LOGO
    ブログのタイトルを出力します。
  • BLOG_DESCRIPTION
    ブログの概要(説明)を表示します。
  • CATEGORY_SELECTOR
    カテゴリセレクタ(セレクトボックスとボタン)を表示します。
  • ENTRIES
    記事一覧を表示します。MT4i Managerにて設定された数だけのエントリを、携帯電話でアクセスした場合には6エントリ表示します(ただし「AccessKey? - 携帯電話の絵文字及びアクセスキー」を無効にしている場合は常に前者)。この中で<TMPL_VAR>を使用することもでき、使用できる「PARAMETER_NAME」は以下になります。
    • ENTRY_ROW_NO
      記事番号を表示します。全エントリの通し番号です。携帯電話でアクセスした場合には各キャリアに対応した絵文字(角丸四角文字)が表示されます。その場合は全エントリの通し番号ではなく、常に1〜6になります。MT4i Managerの設定にて、絵文字を無効にすることも可能です(→AccessKey? - 携帯電話の絵文字及びアクセスキー)。
    • ENTRY_ACCESS_KEY
      ENTRY_ACCESS_KEY
    • ICON_CLOCK
      時計アイコンを返します。携帯電話のキャリア(DoCoMo, au, SoftBank?)をユーザーエージェントで判別し、適切なものを返します。それ以外からのアクセスでは何も返しません(正確には""を返します)。
    • ENTRY_LINK_TITLE
      エントリのタイトルを返します。
    • ENTRY_LINK_URL
      エントリへのリンクURLを返します。
    • ENTRY_CREATED_ON
      記事の投稿日時が表示されます。表示形式は MT4i Manager の設定にて変更することができます。
    • ENTRY_COMMENT_CNT
      記事に付いたコメントの数を出力します。都合上、現状では半角角括弧付きで表示されます。
    • ENTRY_PING_CNT
      記事に付いたトラックバックの数を出力します。都合上、現状では半角角括弧付きで表示されます。
    • ENTRY_ODD
    • ENTRY_EVEN
  • ENTRY_PAGE
    インデックスページのページ数を表示します。
    出力例:1 / 100
  • ENTRY_INDEX_NAVI
    下記 ENTRY_INDEX_NAVI_NEXT/PREV/BEGIN/LAST の 4 つのうち、どれか一つでも「1」だった場合に「1」を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_NEXT
    次のページが有れば「1」を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_NEXT_URL
    次のページへの URL を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_NEXT_COUNT
    次のページに表示されるエントリの件数を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_PREV
    前のページが有れば「1」を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_PREV_URL
    前のページへの URL を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_PREV_COUNT
    前のページに表示されるエントリの件数を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_BEGIN
    次々ページ以降のページが有れば「1」を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_BEGIN_URL
    最初のページへの URL を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_BEGIN_COUNT
    最初のページに表示されるエントリの件数を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_LAST
    前々ページ以前のページが有れば「1」を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_LAST_URL
    最後のページへの URL を返します。
  • ENTRY_INDEX_NAVI_LAST_COUNT
    最後のページに表示されるエントリの件数を返します。
  • LINK_RECENT_COMMENT
    最近のコメント一覧へのリンクを表示します。
  • TOP
    トップページ(第1ページ)である場合に「1」を返します。
  • HOME
    トップページ(第1ページ)かつカテゴリーが指定されていない、選択されていない場合に「1」を返します。
  • CELLPHONE
  • ADMIN_MENU
  • ADMIN_INFO
    管理者情報を表示します。
  • ADMIN_MODE
    管理者モードである場合に「1」を返します。

個別記事ページ(individual.tmpl)

  • ENTRY_NO
  • ENTRY_ID
    Entry ID を返す。
  • ENTRY_TITLE
    記事タイトル。
  • ENTRY_URL_ENCODE_TITLE
    URL エンコードされた記事タイトル。
  • ENTRY_TEXT
  • ENTRY_CREATED_ON
    投稿年月日。
  • ENTRY_AUTHOR_NAME
    投稿者名。
  • ENTRY_ORIGINAL_URL
    記事 URL。
  • ENTRY_URL_ENCODE_ORIGINAL_URL
    URL エンコードされた記事 URL。
  • ENTRY_[CustomField_BaseName?]
    カスタムフィールドの値を表示します。カスタムフィールドを作成した際のベースネームを指定してください。現在はテキストのフィールドのみ対応。
  • ENTRY_TAGS
    記事に付けられたタグを配列で返します。(version 3.1+)
    • ENTRY_TAG
      (version 3.1+)
  • ENTRY_KEYWORDS
    記事に設定されたキーワードを返します。
  • CATEGORY
  • CATEGORY_LABEL
  • TRACKBACK
  • TRACKBACK_URL
    β5 で追加。この Entry の Trackback URL を返す。
  • TBPING_URL
  • TBPING_COUNT
  • ALLOW_COMMENT
  • COMMENT_URL
  • COMMENT_COUNT
  • DISP_COMMENT
  • POST_COMMENT
  • PAGE_NAVI
    LOOP。個別記事ページがページネートされた際のナビゲーションを表示する為のタグです。
    • PAGE_NAVI_NO
      ページ番号
    • PAGE_NAVI_URL
      URL
  • PAGE
  • NEXT
  • NEXT_URL
  • PREV
  • PREV_URL
  • DISP_COMMENT
  • POST_COMMENT
  • BACK_URL
  • BACK_STRING
  • ADMIN_MODE
  • ADMIN_MENU

コメントページ(comment.tmpl)

  • ENTRY_TITLE
  • ENTRY_CREATED_ON
  • ENTRY_ROW_NO
  • COMMENTS
    LOOP。コメントを出力します。
    • COMMENT_AUTHOR
      コメント投稿者名。
    • COMMENT_EMAIL
      コメント投稿者が投稿時に入力した Email アドレス
    • COMMENT_URL
      コメント投稿者が投稿時に入力した URL
    • COMMENT_CREATED_ON
      コメント投稿日時。
    • COMMENT_TEXT
      コメント本文。
    • COMMENT_ODD
    • COMMENT_EVEN
    • COMMENT_DEL_BTN
      コメント削除ボタンを表示します(管理者モード時のみ)
  • PAGE_NAVI
    LOOP。コメントページがページネートされた際のナビゲーションを表示する為のタグです。
    • PAGE_NAVI_NO
      ページ番号
    • PAGE_NAVI_URL
      URL
  • ALLOW_COMMENT
  • COMMENT_ENTRY_URL
  • BACK_URL
  • BACK_TEXT
  • REFERER
  • REFERER_URL
  • BACK_URL
  • BACK_TEXT
  • ADMIN_MODE
  • COMMENT_MGR_BUTTON

最近のコメント一覧(recent_comment.tmpl)

  • RECENT_COMMENTS
    • RECENT_COMMENT_AUTHOR
    • RECENT_COMMENT_CREATED_ON
    • RECENT_COMMENT_TITLE
    • RECENT_COMMENT_URL
  • RECENT_COMMENTS_COUNT
  • BACK_URL

トラックバックページ(trackback.tmpl)

  • RECENT_TB_COUNT
  • BACK_URL
  • ACCESS_KEY
  • ROW_NO
  • TBPINGS
    • TBPING_TITLE
    • TBPING_EXCERPT
    • TBPING_BLOG_NAME
    • TBPING_CREATED_ON
    • TBPING_SOURCEURL
    • TBPING_ID
    • TBPING_ADMIN_BUTTONS
    • TBPING_ICON_CLOCK

画像表示ページ(image.tmpl)

  • IMG_SRC
    画像ソース URL
  • BACK_URL
    戻り先(個別記事ページ)の URL

コメント投稿フォーム(comment_form.tmpl)

  • ENTRY_TITLE
  • ENTRY_CREATED_ON
  • ENTRY_ROW_NO
  • NOTE
    MT 3.0 以降、MT4i Manager でのコメントの即時公開設定(ApproveComment)が "no" の場合に、「コメントは投稿後、掲載を保留されます。管理人による承諾後、掲載されます。」という但し書きを表示します。
  • POST_URL
  • REQUIRE_NAME
  • REQUIRE_EMAIL
  • REQUIRE_TEXT
  • ID
  • POST_MODE
  • NO
  • ENTRY_ID
  • KEY
  • BACK_URL

コメント投稿完了ページ

  • COMMENT_HIDDEN
    MT4i Manager にて、コメントの公開設定を「保留する」に設定しており、コメントが保留された場合に 1 が返ります。
  • BACK_URL
    戻り先(コメントページ)の URL。

エラーページ(error.tmpl)

  • ERROR_MESSAGE
    エラーメッセージ。

リダイレクタ(redirector.tmpl)

  • MLD_STR
  • SOURCE_URL
  • MOBILE_URL
  • BACK_URL

共通

  • BLOG_TITLE
    注:リダイレクタでは使用できません。
    ブログのタイトルを出力します。
  • BLOG_DESCRIPTION
    ブログの概要を出力します。(version 3.1+)
  • BODY_BG_COLOR
    「色の設定」の「背景色(bgcolor)」を出力。
  • BODY_LINK_COLOR
    「色の設定」の「リンク色(link)」を出力。
  • BODY_ALINK_COLOR
    「色の設定」の「アクティブなリンク色(alink)」を出力。
  • BODY_VLINK_COLOR
    「色の設定」の「既訪問のリンク色(vlink)」を出力。
  • BODY_BQ_COLOR
    「色の設定」の「Entry本文<blockquote>部の色」を出力。(version 3.1+)
  • BODY_TEXT_COLOR
    「色の設定」の「テキストの色(text)」を出力。
  • AGENT_DOCOMO
    USER_AGENT が DoCoMo の場合(DoCoMo の携帯電話でアクセスされた場合)に「1」を返す。
  • AGENT_AU
    USER_AGENT が au の場合(au の携帯電話でアクセスされた場合)に「1」を返す。
  • AGENT_SOFTBANK
    USER_AGENT が SoftBank? の場合(SoftBank? の携帯電話でアクセスされた場合)に「1」を返す。
  • AGENT_SMARTPHONE
    USER_AGENT に "iPhone" あるいは "Android" が含まれる場合(iPhone あるいは Android 端末でアクセスされた場合)に「1」を返す。(version 3.1+)
  • AGENT_OTHER
    USER_AGENT が DoCoMo、au、SoftBank?、Smartphone 以外の場合に「1」を返す。
  • SERNO
    個体識別番号あるいは iモードID を返す。
  • VERSION
    MT4iのバージョン番号を表示します。
    出力例:2.2α1
  • ICON_NO_1 〜 ICON_NO_9
    それぞれ絵文字の四角文字1〜9を返します。携帯電話以外でのアクセス時には、何も返しません(何も表示されません)。
  • ICON_NO_ASTERISK
    β5 より。
    '[*]'(アスタリスクの絵文字ってないんですよね…)
  • ICON_NO_SHARP
    β5 より。
    シャープの絵文字を返します。
  • ACCESS_KEY_1 〜 ACCESS_KEY_9
    それぞれアクセスキー設定の文字列1〜9をを返します。例えば1で DoCoMo または au なら、' accesskey="1"'、SoftBank?(Vodafone、J-PHONE 含む)なら' directkey="1"'を返します最近のSoftBank? 端末は directkey 動かないらしいので β5 より accesskey に統一(先頭に半角スペースが入ることに注意)。携帯電話以外でのアクセス時には、何も返しません(何も表示されません)。
  • ACCESS_KEY_ASTERISK
    β5 より。
    ' accesskey="*"'
  • ACCESS_KEY_SHARP
    β5 より。
    ' accesskey="#"'
  • ICON_CLOCK
    時計アイコンを返します。携帯電話のキャリア(DoCoMo, au, SoftBank?)をユーザーエージェントで判別し、適切なものを返します。それ以外からのアクセスでは何も返しません(正確には""を返します)。
  • MODE_[MODE_STRING]
  • ADSENSE
  • AD_EXCHANGE

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-31 (日) 10:34:26 (2403d)